京都の医療脱毛Q&A

更新日:

医療脱毛の全身脱毛の相場は?

医療脱毛は美容脱毛に比べて施術料金がお高めに設定されていることが多く、全身脱毛では総額40万~50万程が一般的な相場です。

医療施設であるため割引等を行うことが難しく、高価な医療用脱毛機を使用するためこうした価格帯となっています。

京都で医療脱毛を受けられるのは、皮膚科や美容皮膚科、美容外科、美容形成外科、美容クリニックなどの病院となっています。

医療脱毛は何回くらい通う必要がある?

毛質にもよりますが、およそ6回~8回程度で脱毛完了となる方が多いようです。

ただし月に1度通える美容脱毛サロンもある中で、医療脱毛の場合は施術と施術の間隔を空ける必要があるため、完了までにかかる期間は医療脱毛の方が長い可能性があります。

脱毛サロンと医療機関の永久脱毛の違いはなに?

脱毛サロンには医師が常駐していないため、法律で脱毛効果の高い医療用の脱毛機を使用できないことになっています。

また、医療機関で行われる脱毛は施術スタッフも全員医療資格を所有しているため技術力も高く、満足する脱毛効果を得ることができるでしょう。

しかし、それだけ強い脱毛機を使用しているということは施術の際の痛みも強く、時として肌荒れを引き起こしてしまいます。

よく肌が弱い方には医療脱毛がおすすめといった意見がありますが、あれは施術そのものが肌に優しいわけではなく、皮膚科医や医療スタッフが常駐しているためもしもの時はすぐに治療を受けることができるという意味なのです。

美容サロンで使用されている脱毛機は医療用と比べると劣りますが、肌にダメージを与えない程度にじわじわと脱毛を促すことができます。

そのため料金を安く抑えたい、痛みに弱い、スケジュールに余裕があるといった方には美容脱毛がオススメです。

予算に余裕がある、専門家に皮膚の状態を診てもらいながら施術を受けたい、少ない回数で永久脱毛(半永久的な効果)を得たいという方には医療脱毛がおすすめです。

京都で針脱毛できる?

一昔前までは針脱毛(ニードル)が主流でしたが、一本一本毛穴に絶縁針を刺して熱を与えるのでとても時間がかかる上、その技術を習得するのも難しいという理由で、レーザー脱毛が主流となっています。

京都で針脱毛をお探しであれば、北山武田病院があります。

医療脱毛ではどんな種類の麻酔がある?その効果は?

医療機関では、脱毛サロンでは禁止されている麻酔を伴った施術を受けることができます。

種類としては笑気麻酔や麻酔クリーム、静脈麻酔等が用いられることが多く、医院によっても異なりますが基本的にオプション料金が必要となります。

麻酔を使用するとほとんどの部位で痛みがぐっと軽減されますが、VIOなど元々痛みの強い部位ではやはり相当な痛みを感じる場合が多いです。

VIOの医療脱毛は痛みに弱い人はかなり厳しい

VIOは毛が太く濃いので痛みがとても強い部位になります。脱毛サロンでのフラッシュ脱毛であっても熱く感じたという口コミは多いのですが、医療機関でのレーザー脱毛となると、その傷みは正直強烈です。

個人差はありますが、麻酔無しではとてもじゃないけどうけられないという方も非常に多いので、痛みに敏感な方は脱毛サロンでの施術をオススメします。

バルジ脱毛って何?

バルジ脱毛とは、「バルジ領域」と呼ばれる毛の生育に大きな影響のある組織にアプローチする新しい脱毛方法です。

従来の脱毛方法は、毛乳頭細胞や毛母細胞を熱破壊することで抑毛を促すというものでその分痛みを伴うのがネックでした。

しかし最近の研究でバルジ領域からつくりだされる発毛因子を止めれば、生育が促さず毛が生えてこないということが分かったのです。

このまったく新しい脱毛方法は毛の生え変わりの周期に施術ペースを合わせる必要もないため、従来よりもずっと早く脱毛完了することができます。

以下に京都府内でバルジ脱毛のできるクリニックを記載いたしますので、興味のある方はぜひ参考にしてみて下さい。

トキコクリニック 京都四条院

【住所】〒600-8007 京都府京都市下京区四条通高倉西入立売西町76アソベビル 7F
【電話番号】075-257-3666
【営業時間】10:30~19:00

-医療脱毛

Copyright© 脱毛京都Life→全身脱毛ならサロン?医療クリニック?2019年度版 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.